読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍋割山~塔ノ岳に登ってきました  12月のこと

白神岳で登っている最中の清々しさ、ブナ林の良い香り、山頂からの眺め、鳥の鳴き声を忘れられず密かに計画していた鍋割山に登ってきました。

まずは駐車場から!

・表丹沢県民の森駐車場

f:id:hoborosan:20170104115959j:plain

ナビに入れても出てこない場合は「みくるべ病院」で検索です。

事前に道順をよく検索しておくといいです、じゃないと迷うと思います。最後の分岐でね。

f:id:hoborosan:20170104121418j:plain

あまり砂利道好きじゃない。。。足痛くなるし

f:id:hoborosan:20170104121532j:plain

f:id:hoborosan:20170104121709j:plain

f:id:hoborosan:20170104122534j:plain

赤い線が通った道、黄色い線が本来通るべきであった道です。

ええ、しょっぱなから道間違えました。

案内図見る限り現在地の裏にある道を通って栗ノ木洞方面に行けば鍋割山なのでこの道を行くことにしました。

f:id:hoborosan:20170104122859j:plain

f:id:hoborosan:20170104123131j:plain

ちゃんと整備されてるし、ピンクの紐もあるので安心安心。

しばらく歩くとフェンスがあるのでこれを通ります。

f:id:hoborosan:20170104123233j:plain

もちろん入口があるので出口もあります。結構距離ありますけどね(;^ω^)

f:id:hoborosan:20170104123337j:plain

f:id:hoborosan:20170104170155j:plain

もうすぐなのかな、鍋割山山頂

f:id:hoborosan:20170104170258j:plain

全然やんwww

f:id:hoborosan:20170104170400j:plain

こんな道も通ったりして結構飽きない。今のところ人にはあっていません。

この先から結構な登り坂なので小休憩を何度も挟みながら登っていきました。

f:id:hoborosan:20170104170610j:plain

本来ならば大倉・二俣方面からここに到達するはずだったんですね

 

f:id:hoborosan:20170104170721j:plain

 

中々に綺麗やん、夕焼けも綺麗なんだろうなぁとか思ったけど沈むの山の反対だわw

そして疲れて下向いて歩いてると「ドコッ!」という音がしたので前をみたら

f:id:hoborosan:20170104170917j:plain

鹿さんが3匹!

ぷりけつやん、かわゆす(*´Д`)

 

この少し先に登山道から出ることになりますが、左側に開けた場所があります。鍋割山山頂が目の前なので高所で見晴らしもいいです。

f:id:hoborosan:20170104171216j:plain

左にどっかの海、おそらく湘南

右に富士山

f:id:hoborosan:20170104171302j:plain

 

パノラマで撮ったり(右上に黒い部分が・・・失敗)

 

f:id:hoborosan:20170104171521j:plain

 

 左右明暗できてて綺麗、自分の撮影能力にほれぼれします(笑

生でみると本当に感動しますよこの景色は

ここでシート敷いてご飯食べたら間違いなく山頂で食べるより美味しいと確信もって言えます。

 

 

f:id:hoborosan:20170104171946j:plain

 

はい、鍋割山荘に到着。ここの名物は鍋焼きうどんです。

9時開店だということで10時に来たのに開いていなかったのでカメラの音で私ここにいますよアピールすること数分。

10時7分開店しました(*´▽`*)

 

うどんを注文して5分ほど

f:id:hoborosan:20170104172223j:plain

 

 美味しそうですね!

 

 

クッカーやバーナー事前に買ってあったので持って来て自分で鍋焼きうどん作ったほうが美味しいかな。大した荷物にもなりませんし。

次はそうすると思います。

 

人が気持ちよく椅子に座っていただこうとしていると遠くから人の声が・・・

一気に10人ほどぞろぞろと上がってきました。台無し。

 

というわけで記念の

f:id:hoborosan:20170104173030j:plain

ここで山を下りるつもりだったのですが、時間もたっぷりあるので塔ノ岳に行ってみることにしました。

f:id:hoborosan:20170104173140j:plain

f:id:hoborosan:20170104173228j:plain

f:id:hoborosan:20170104173614j:plain

 はい!富士山が見える以外とくに見る場所はありません。

蛭ヶ岳丹沢山にも行けるかな?と思ってましたがかなり距離がある様子

 

3分ほどここで休憩してすぐさま下山しました

が、ががががが

下山する場所を間違えて大倉バス停の出口に出ました。

下山後すぐに登山道探し(;´・ω・)

f:id:hoborosan:20170104174121j:plain

大倉バス停出口すぐの右側の民家(コーヒー1杯百円の看板あり、道路挟んだ左側に自販機3つ)を右折して道なりにいくと画像のように表丹沢県民の森へとつながる、「しだれ桜の里コース」があるので入っていきます。

あとは道なりに歩いて左手に川をおくルートを5㎞程歩いていれば

「黒竜の滝」へと降りる階段がある(すぐ横の大きな看板が目印)ので下って、

f:id:hoborosan:20170104174905j:plain

(下ったとこにある標識)

川を渡り

f:id:hoborosan:20170104174942j:plain

また登り返せば目の前に表丹沢県民の森駐車場が現れます。

f:id:hoborosan:20170104175036j:plain

 

有名な山だし人が沢山いるからと慢心して特にGPSや地図も持たずに来たのでとても痛い目に遭いました。

どんな低山でもしっかりとした準備をして、不測の事態に備えられるようにしたいですね。

 

 

シュラフ買いました!

登山道具

f:id:hoborosan:20170103190332j:plain

でん!

ちょ、お前こんなの日本で要らないだろwww

とかいう方もいる居られるでしょう。

分かりますよ、言いたいことは分かります

 

でもね、わい、雪山でも快眠したいねん

 

というわけで12月に安かったので買いました。最近金銭感覚ぶっ飛んでる気がするから自分でも本当に買うか悩みました。

2月に雪山に登りたかったので購入したわけですが、結局登りません!!

 

タダの自己満です( ー`дー´)キリッ

 

 

実を言うと

車で今後も旅行に行くこと多くなるし、その際に布団を車に積む馬鹿みたいな事したくないっていうのもある。

使用感としてはなかなか緩めです。そして薄いです。

本当にこれ-20℃いけるの?

 

本格的な使用がいつになるかわかりませんが、前もって買っておいて損はないものだと思うことにしています。

f:id:hoborosan:20170103190334j:plain

あぁ、雪山行きたい(´・ω・`)

 

 

登山に向けて揃えた物~

登山道具

初長距離運転旅行から2か月が経ちましたが何も書かないとこのブログの存在意義が消えるので買った物、趣味などいろいろと登山という枠を超えて書いていくことにしました。

 

その第一歩というわけじゃないけど、初登山に向けて購入した物をあげていきたいと思います。自分みたいな人の参考にもなるでしょう!たぶんね

 

◇アンダーウェア

・mont-bell スーパーメリノウール EXP.ラウンドネックシャツ Men's

11月でも氷点下を平気で下回る 東北でこれは欠かせないだろうとジオラインと悩んだ末に購入しました。

結果、、、これを購入して本当に良かった。

まず八甲田山白神岳に登っている最中にあまり汗をかかなかったので、速乾性で優れるジオラインの出番がなかったんです。ただ汗っかきの人だとどうでしょうね・・・

八甲田の暴風・暴雨の中でも全く寒さを感じなかったのはアウターのおかげでもあるでしょう、というかむしろ暑かったし(笑

 

◇ミドルインナー

・クリマプラス100 プルオーバー Men's

 

◇アウター

・ mont-bell ストームクルーザージャケット Men's

(モンベル)mont-bell ストームクルーザージャケット Men's 1128531 GN グリーン XL

(モンベル)mont-bell ストームクルーザージャケット Men's 1128531 GN グリーン XL

 

 とても良い買い物しました。

これがなければ八甲田でお亡くなりになっていたでしょう。これのマスタード色がとても良い色なのでオヌヌメします!

まぁ某ブログでも言われていますが、ゴアテックスであろうと蒸れるものは蒸れますね。山に登ってこれを脱ぐと背中の部分にかなりの水滴がついてます。

コスパ最強と言われるこのジャケットの凄さを身をもって体験したのでこれを買えば間違いないです。

 

◇パンツ

 ・マウンテンストライダーパンツ Men's

身長172㎝でSサイズでした。少し丈が短い気もしましたがハイカットのシューズなので特に気にならず。結構雨を弾いてくれます!

足場の状態が良くない場所では裾が結構汚れますが、乾いた後に指で弾くと綺麗に落ちます。それくらい撥水性あります、最初のうちはな!

八甲田山では下り終えるまであと少しのとこでザックカバーから滴り落ちてきた雨によってケツ部分が無事びしょ濡れでした。レインウェアパンツをケチった報いがここで現れました。サンダーパスでもいいから買っておけば良かったです(´・ω・`)

 

◇登山靴

・ASOLO AS.シンビオGV M’s

[アゾロ] ASOLO AS.シンビオGV M'S 1829651 GYGR (GYGR/7.5)

[アゾロ] ASOLO AS.シンビオGV M'S 1829651 GYGR (GYGR/7.5)

 

 店員さんに足のサイズやらを測ってもらって決めたもの。

①甲が低い

②踵が小さい

③幅が狭い

主にこの3点を満たす人が履く靴らしい。踵を触った瞬間に店員さんが首をかしげて「踵・・・かなり小さいですねぇ。ASOLOでも駄目かもしれない」と言ってこれを出してきました。

結果的にこれで良かったわけですが。

始めは安く済ませようと思ってキャラバンのC1-02Sを買う予定だったんだけど、お店に行って本当に良かった。

 

◇ザック

・ミレー SAAS FEE 40+5(M)

[ミレー] MILLET SAAS FEE 40+5(M) MIS2046 7317 (SAPHIR)

[ミレー] MILLET SAAS FEE 40+5(M) MIS2046 7317 (SAPHIR)

 

 横に振られないとのことで購入しました。

とても良いザックでした。ただ、ザックカバーの収納スペース・・・これは狭すぎでしょう(苦笑

取り外して違う場所に収納してますw

また、中が黒一色なので荷物が見づらいのと、横があまり膨らまないので荷物が取り出しにくい。日帰りの簡単な登山なら文句も出ないですね。

雪山縦走したいのでその時は大きいの買いますが、基本はこれ一つで済ませられそうです。

UBIC40とかなり迷いましたが向こうは荷物取りしやすそうですね。横幅あるのでデブいですけど(;^ω^)

 

◇軽アイゼン

・EDELRID(エーデルリッド) 6ポイント ER71901

EDELRID(エーデルリッド) 6ポイント ER71901

EDELRID(エーデルリッド) 6ポイント ER71901

 

 出番なしなので使い勝手は分かりません。

ヤマレコで女性登山者が足場が少し凍っていたので軽アイゼンあるといいですと言っていたので鵜呑みにして買いました。

確かに雪はかなり積もって滑るような場所もあったけど、アイゼンを使う場所は一つもありませんでした。いずれ使うので持っていてもいいかなとは思って手放してはいません。6000円程度とあまり高くないのでお勧めします。

軽アイゼンはネットでは要らないと言われていたのでならば初めから良いアイゼン買っちゃえと、グリベル(GRIVEL) G12を買う予定でいたのは内緒の話。買った靴が雪山用ではないので少し柔らかく、途中で外れる可能性があるとのことで見送りました。

 

◇インナーグローブ

メリノウール インナーグローブ タッチ

 八甲田山を下ってる最中にこけて両手を水たまりに突っ込んだのですが、びちょびちょの割にあまり手が冷えることはありませんでした。

が、しかし。吹き荒ぶ冷たい風の影響でだんだんと手は悴んでいったので上にもう一つ防水のグローブでも身に付けたほうがいいですね。

悪天候や真冬の高山じゃなければこれだけでいけることは確かです。

 

◇靴下

・WIC.トレッキングソックス

(モンベル)mont-bell WIC.トレッキング ソックス 1118208 IND インディゴ L

(モンベル)mont-bell WIC.トレッキング ソックス 1118208 IND インディゴ L

 

 低山雪山ならこれで十分だと思います。蒸れも少ないです。

 

こんな感じで気づいたら10万いってました、登山はついでなのにね・・・

おかしいね。

そしてここから登山が目的にかわった瞬間でもありましたとさ

 

雪山も行きたいと思うようになり12月に入ってから色々と買ったので次回紹介します。

 

 

 

東北旅行~青森・秋田~ その5

旅行

残りの2日間はやることはないのでドライブでもしようと

津軽岩木スカイライン

・竜泊ライン

・海峡ライン

のどれかに行こうかと思っていたけど、ろくさん食堂でまたご飯を食べたくなったので青森市方面へ。

また来た時にこれらのドライブコースを制覇しよう!

大雨の中運転して十二湖にもよりましたが雨の中降りるのが億劫に感じたので車からは降りず、お土産だけ買いました。

この駐車場は有料だったのですが出庫する際にお金を払い忘れそのまま山を下ってしまいました。

まぁ、沢山お土産買ったし許してほしい。

 

大間越海道(国道101号)と五能線の踏切で渋滞が起きていました。

30分以上待ってようやく電車が通ったのですが、ゾウが歩く並の速度でびっくりしました。

f:id:hoborosan:20161126113757j:plain

 

それから道中にある道の駅に寄ったりしながら、つがる市青森市

 

ろくさん食堂に着いたのはこの時点でもう16時過ぎ。

前回4色丼を食べたので

・ウニとアワビの2色丼

・貝焼みそ うに入り

を注文。

貝焼みそ うに入りに関してはクソです。850円したのですが殆ど卵です。ウニの味などしませんし

ぼったくりでした。これだけは頼まない方がいいです。

 

ろくさん食堂ではホタテやアワビも生け簀販売しているので買いました。

アワビ1㎏:1万円

ホタテ1㎏:1000円

アワビ1㎏にホタテ8㎏を購入しました。横浜まで普通に保つということだったのでそのまま車に積んで出発。あと蜜がたくさん入った青りんごを4つもらっちゃった(⌒∇⌒)

 

 

特にすることもないし、宿も取っていなかったので高速に乗って横浜に帰ることに。

真っ暗の中の高速ドライブはとても楽しいですねw

蕪嶋神社からあきた白神温泉ホテルに向かう途中も真っ暗で楽しかったですが。それにしても地元の人たちは真っ暗の中平気で飛ばすね・・・40㎞/hの道路を80㎞/hとかざらでしたよ、特に軽自動車の方達。

青森初日に青森の運転マナーは日本一的な看板を見た気がするのですが何かの間違いでしょう。

 

高速運転中に何度も眠くなったのでSAに2~3度お世話になって合計8時間くらい寝て無事帰宅。

 

とても楽しい旅行でした。人生で一番かもしれません。

これからもずっと車で旅行に行こうと思ったのでした、たまには電車とかもいいけど。

 

7日間の旅で総走行距離:2,410㎞

 

横浜から青森まで740㎞程なので青森と秋田で900㎞程度走ったみたいです。

 

東北旅行~青森・秋田~ その4

旅行

白神岳登頂後の夕焼け

f:id:hoborosan:20161125174905j:plain

小さな橋の上で車を止めて撮りました。住宅が結構ありましたが、この辺に住んでる人はこんなの何とも思わないんだろうな。

振り返るとこんな感じ

f:id:hoborosan:20161125175136j:plain

さらに車を進めて、砂浜への入り口に駐車。

f:id:hoborosan:20161125175332j:plain

f:id:hoborosan:20161125175401j:plain

f:id:hoborosan:20161125175435j:plain

うん、まだ頑張れそう。

 

ここにはまた来るだろう。

 

 

 

 

あきた白神温泉ホテルに戻ります。

 

白神岳

登山

ホテルの朝ご飯を食べてゆっくりしていたら登山口についたのがなんと9時前!

かかる時間はやまクエでは7時間40分とのことだったので下山が危ないかも・・・

f:id:hoborosan:20161125124826j:plain

(途中で山野草のお店があります。)

 

日本海を左手にずーっと行くと登山口入口が右側にあります。

この道はかなり狭いので軽自動車がかろうじてすれ違いできるかってとこです。

f:id:hoborosan:20161125125030j:plain

この看板左手にトイレとかあるんですがここを左にぬけていくと登山道です。

200mくらい舗装された道路が続くのでソールの硬い靴だと辛いものがありました。

f:id:hoborosan:20161125125346j:plain

舗装された道が終わると、登山届を出す小屋があります。

登山届を提出したら登山開始であります!!

f:id:hoborosan:20161125125523j:plain

f:id:hoborosan:20161125125704j:plain

f:id:hoborosan:20161125125801j:plain

登っては少し降りての繰り返し

f:id:hoborosan:20161125125934j:plain

f:id:hoborosan:20161125125955j:plain

f:id:hoborosan:20161125130018j:plain

f:id:hoborosan:20161125130029j:plain

f:id:hoborosan:20161125130256j:plain

f:id:hoborosan:20161125130308j:plain

f:id:hoborosan:20161125130413j:plain

f:id:hoborosan:20161125130523j:plain

f:id:hoborosan:20161125130603j:plain

f:id:hoborosan:20161125130625j:plain

 結構傾斜きついです(;´・ω・)

岩も多いんで足挫かないよう気を付けて進みます。

f:id:hoborosan:20161125130913j:plain

 時折、振り返ったり右を見ると日本海が見えます!( ー`дー´)キリッ

f:id:hoborosan:20161125131014j:plain

 こういった木の根を利用した階段が多いです

f:id:hoborosan:20161125131508j:plain

水場は全部で5か所程ありましたが、塩ビパイプが刺さって水が出るようになってるのは2か所だったと思います。自分は水とポカリを2Lずつ背負っていたのであまり気にしていませんでした。

f:id:hoborosan:20161125131604j:plain

f:id:hoborosan:20161125131831j:plain

うへぇ、まだ3.9㎞もある。

辛すぎる・・・f:id:hoborosan:20161125131958j:plain

f:id:hoborosan:20161125131957j:plain

疲れている中突然現れます、このくらいじゃへこたれません

f:id:hoborosan:20161125132148j:plain

腰より少し下くらいの高さまで足を上げないと登れないので、ロープを使います。

f:id:hoborosan:20161125132336j:plain

全然減らないんご(´・ω・`)

オラ!

f:id:hoborosan:20161125132442j:plain

オラオラ!

f:id:hoborosan:20161125132523j:plain

オラオラオラ!

f:id:hoborosan:20161125132629j:plain

f:id:hoborosan:20161125132643j:plain

この「山頂マデ2.3㎞」の標識で疲れが一気に吹っ飛びました。

まだまだやれる!

f:id:hoborosan:20161125132857j:plain

ここで鈴の音が聞こえましてね。白装束の行群だったらどうしようとか思ったらおじさんでした。コンニチハ!

f:id:hoborosan:20161125133159j:plain

少し前から稜線沿いに小屋があるのが見えますのでそれをみてまだまだ先じゃんよ

と少し辛くなってきました。

f:id:hoborosan:20161125133415j:plain

f:id:hoborosan:20161125133537j:plain

f:id:hoborosan:20161125133639j:plain

雲と同じくらいかな?

f:id:hoborosan:20161125133703j:plain

f:id:hoborosan:20161125133706j:plain

ここをくぐると森林限界

f:id:hoborosan:20161125133814j:plain

f:id:hoborosan:20161125133826j:plain

f:id:hoborosan:20161125133833j:plain

f:id:hoborosan:20161125133951j:plain

近づいてるはずなのに、あの小屋ほんと遠いなぁwww

f:id:hoborosan:20161125134120j:plain

f:id:hoborosan:20161125134410j:plain

樹氷とご対面。綺麗ですね、もうこれを見て満足したので帰ろうか(^ω^)

f:id:hoborosan:20161125134438j:plain

f:id:hoborosan:20161125134457j:plain

f:id:hoborosan:20161125134639j:plain

遂にきました、あと700m

f:id:hoborosan:20161125134937j:plain

f:id:hoborosan:20161125134946j:plain

f:id:hoborosan:20161125135048j:plain

f:id:hoborosan:20161125135108j:plain

f:id:hoborosan:20161125135142j:plain

f:id:hoborosan:20161125135318j:plain

f:id:hoborosan:20161125135319j:plain

もうルンルン♪ですw

f:id:hoborosan:20161125135410j:plain

トイレかよ!

このすぐ先に避難小屋がありました。

f:id:hoborosan:20161125135501j:plain

f:id:hoborosan:20161125135502j:plain

f:id:hoborosan:20161125135610j:plain

f:id:hoborosan:20161125135617j:plainf:id:hoborosan:20161125135618j:plainf:id:hoborosan:20161125135623j:plain

9時9分に出発して12時30分に山頂に着きました。

f:id:hoborosan:20161125135721j:plain

ヘッドライトを持ってきていないので12時半までに山頂に着かなければ引き返すことにしていたので良かったです。

それでも山頂には10分程度しかいられませんでした。暗くなる前に下りなくてはいけないですから・・・

ホテルでゆっくりしすぎたんや。

f:id:hoborosan:20161125140111j:plain

f:id:hoborosan:20161125140018j:plain

f:id:hoborosan:20161125140022j:plain

f:id:hoborosan:20161125140026j:plain

f:id:hoborosan:20161125140209j:plain

帰りは十二湖コースいけるかなと思ったら来た道より長かったので

見なかったことに。

f:id:hoborosan:20161125140335j:plain

グロすぎる(;^ω^)

f:id:hoborosan:20161125140339j:plain

これ、なめこ

f:id:hoborosan:20161125140337j:plain

これ食べれるの?

 

 

と、まぁ帰りも存分に楽しみながら下山しました。

そしてついに15時ちょうど登山口に到着!!

f:id:hoborosan:20161125140550j:plain

 

所要時間は5時間51分

帰りは暗くなったらアウトなんでかなり急ぎました。

こんな下山はもう嫌です。

 

まだ体力があったので日本海の夕焼けを堪能・・・

次の記事でね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東北旅行~青森・秋田~ その3

旅行

八甲田大岳登頂失敗後はそのまま十和田プリンスホテル

早朝は雪が降っていましたが、十和田湖の方は天使の階段がいくつもあり雪と相まってなかなか幻想的で良かったです。

晩飯はコース料理で美味しかったんですけど、記憶に残るような郷土料理とかではありませんでした。ただのフレンチ料理。朝食は嫌いなビュッフェ。取りに行くのめんどくさいねん。最初から用意しておいて欲しいの。サラダを3回お代わりしただけで終了。

ご飯に関してはとわだ湖遊月の方が断然良かったかな。

景色に関してはこちらが圧勝だけどw

ちなみにここも温泉は夜中はやっておらず、私は部屋のユニットバスで済ませました。

f:id:hoborosan:20161125112530j:plain

この日は特になにをする日とかは決めておらず、御朱印集めをしようと神社を巡ることにした。

まぁもともと行き当たりばったり旅行なので奥入瀬渓流と登山と宿以外はどこに行くとか明確に決めていなかったんですが。

 

フロントガラスに汚れがあって気になって拭いていたら意外と車が汚れていた

・・・こんだけ走ってりゃそりゃそうだよな。

f:id:hoborosan:20161125114540j:plain

ってことで車を拭き拭き

うん、イケメン!輝いてるよ!_(:3」∠)_

 

ってことでまたしばらく運転して櫛引八幡宮

f:id:hoborosan:20161125114850j:plain

御朱印帖もらおうとしたら一番かっこいい目当てのが売り切れでした。仕方ないのでお馬さんの買いましたヨ。。。

この後はそのままウミネコで有名な蕪嶋神社

残念ながら2015年11月に火災に見舞われて境内には上がれませんでした。

3年後に再建が完了するらしいです。

f:id:hoborosan:20161125115721j:plain

f:id:hoborosan:20161125115754j:plain

 

櫛引八幡宮の御朱印帖が気に入らなかったためここでも購入しました。

ウミネコがモチーフになってます。

 

お次は三八城神社!かなり由緒正しい神社らしい・・・

八戸城跡の真横にセブンイレブンがあるのでそこに車を止めて、軽く腹ごしらえ。

f:id:hoborosan:20161125120346j:plain

ここを入って行って突き当りの建物を右へいくと左手に

f:id:hoborosan:20161125120628j:plain

この時点で結構テンションあがりますw

紅葉がいい感じ!

f:id:hoborosan:20161125120655j:plain

f:id:hoborosan:20161125120818j:plain

こちらも災害で破損してる箇所がちらほら。

 

f:id:hoborosan:20161125120935j:plain

見てのとおり。鳥居はもっとたくさんあったらしいです、地面にその名残があります。

本殿右側に蘭などの植物を育てている小屋があり御朱印がほしい方はそこにブザーがあるので鳴らすと3分~5分程で

髪がぼさぼさでいかにも今まで寝てましたっていう神主さんが出てきましたw

こういう現れ方、かなり好きです!

御朱印代金はお気持ちなので500円払いました。

300~500円が相場です。寒い中わざわざ出てきてもらってますしね。

ちなみに待った時間は15分程でした。

本殿の中でせわしなく動く神主さんを見つけてほっこりしました。

f:id:hoborosan:20161125121920j:plain

f:id:hoborosan:20161125121924j:plain

 

ここを後にして、もう1つくらい神社をまわろうと思っていたのですがこの日のホテルの夕食までに着かない可能性があったのでやめました。

14時50分に出て18時30分くらいに到着。

場所はあきた白神温泉ホテル

ここのご飯もかなり美味しかったです、アワビの踊り焼きとかいぶりがっことか出てきました。

ここには2泊します。

温泉は夜中も入れますし、入れない時間は殆どありません。

従業員さんも親しみやすい方が多かったです。

 

翌日は白神岳に登ります!