読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白神岳

ホテルの朝ご飯を食べてゆっくりしていたら登山口についたのがなんと9時前!

かかる時間はやまクエでは7時間40分とのことだったので下山が危ないかも・・・

f:id:hoborosan:20161125124826j:plain

(途中で山野草のお店があります。)

 

日本海を左手にずーっと行くと登山口入口が右側にあります。

この道はかなり狭いので軽自動車がかろうじてすれ違いできるかってとこです。

f:id:hoborosan:20161125125030j:plain

この看板左手にトイレとかあるんですがここを左にぬけていくと登山道です。

200mくらい舗装された道路が続くのでソールの硬い靴だと辛いものがありました。

f:id:hoborosan:20161125125346j:plain

舗装された道が終わると、登山届を出す小屋があります。

登山届を提出したら登山開始であります!!

f:id:hoborosan:20161125125523j:plain

f:id:hoborosan:20161125125704j:plain

f:id:hoborosan:20161125125801j:plain

登っては少し降りての繰り返し

f:id:hoborosan:20161125125934j:plain

f:id:hoborosan:20161125125955j:plain

f:id:hoborosan:20161125130018j:plain

f:id:hoborosan:20161125130029j:plain

f:id:hoborosan:20161125130256j:plain

f:id:hoborosan:20161125130308j:plain

f:id:hoborosan:20161125130413j:plain

f:id:hoborosan:20161125130523j:plain

f:id:hoborosan:20161125130603j:plain

f:id:hoborosan:20161125130625j:plain

 結構傾斜きついです(;´・ω・)

岩も多いんで足挫かないよう気を付けて進みます。

f:id:hoborosan:20161125130913j:plain

 時折、振り返ったり右を見ると日本海が見えます!( ー`дー´)キリッ

f:id:hoborosan:20161125131014j:plain

 こういった木の根を利用した階段が多いです

f:id:hoborosan:20161125131508j:plain

水場は全部で5か所程ありましたが、塩ビパイプが刺さって水が出るようになってるのは2か所だったと思います。自分は水とポカリを2Lずつ背負っていたのであまり気にしていませんでした。

f:id:hoborosan:20161125131604j:plain

f:id:hoborosan:20161125131831j:plain

うへぇ、まだ3.9㎞もある。

辛すぎる・・・f:id:hoborosan:20161125131958j:plain

f:id:hoborosan:20161125131957j:plain

疲れている中突然現れます、このくらいじゃへこたれません

f:id:hoborosan:20161125132148j:plain

腰より少し下くらいの高さまで足を上げないと登れないので、ロープを使います。

f:id:hoborosan:20161125132336j:plain

全然減らないんご(´・ω・`)

オラ!

f:id:hoborosan:20161125132442j:plain

オラオラ!

f:id:hoborosan:20161125132523j:plain

オラオラオラ!

f:id:hoborosan:20161125132629j:plain

f:id:hoborosan:20161125132643j:plain

この「山頂マデ2.3㎞」の標識で疲れが一気に吹っ飛びました。

まだまだやれる!

f:id:hoborosan:20161125132857j:plain

ここで鈴の音が聞こえましてね。白装束の行群だったらどうしようとか思ったらおじさんでした。コンニチハ!

f:id:hoborosan:20161125133159j:plain

少し前から稜線沿いに小屋があるのが見えますのでそれをみてまだまだ先じゃんよ

と少し辛くなってきました。

f:id:hoborosan:20161125133415j:plain

f:id:hoborosan:20161125133537j:plain

f:id:hoborosan:20161125133639j:plain

雲と同じくらいかな?

f:id:hoborosan:20161125133703j:plain

f:id:hoborosan:20161125133706j:plain

ここをくぐると森林限界

f:id:hoborosan:20161125133814j:plain

f:id:hoborosan:20161125133826j:plain

f:id:hoborosan:20161125133833j:plain

f:id:hoborosan:20161125133951j:plain

近づいてるはずなのに、あの小屋ほんと遠いなぁwww

f:id:hoborosan:20161125134120j:plain

f:id:hoborosan:20161125134410j:plain

樹氷とご対面。綺麗ですね、もうこれを見て満足したので帰ろうか(^ω^)

f:id:hoborosan:20161125134438j:plain

f:id:hoborosan:20161125134457j:plain

f:id:hoborosan:20161125134639j:plain

遂にきました、あと700m

f:id:hoborosan:20161125134937j:plain

f:id:hoborosan:20161125134946j:plain

f:id:hoborosan:20161125135048j:plain

f:id:hoborosan:20161125135108j:plain

f:id:hoborosan:20161125135142j:plain

f:id:hoborosan:20161125135318j:plain

f:id:hoborosan:20161125135319j:plain

もうルンルン♪ですw

f:id:hoborosan:20161125135410j:plain

トイレかよ!

このすぐ先に避難小屋がありました。

f:id:hoborosan:20161125135501j:plain

f:id:hoborosan:20161125135502j:plain

f:id:hoborosan:20161125135610j:plain

f:id:hoborosan:20161125135617j:plainf:id:hoborosan:20161125135618j:plainf:id:hoborosan:20161125135623j:plain

9時9分に出発して12時30分に山頂に着きました。

f:id:hoborosan:20161125135721j:plain

ヘッドライトを持ってきていないので12時半までに山頂に着かなければ引き返すことにしていたので良かったです。

それでも山頂には10分程度しかいられませんでした。暗くなる前に下りなくてはいけないですから・・・

ホテルでゆっくりしすぎたんや。

f:id:hoborosan:20161125140111j:plain

f:id:hoborosan:20161125140018j:plain

f:id:hoborosan:20161125140022j:plain

f:id:hoborosan:20161125140026j:plain

f:id:hoborosan:20161125140209j:plain

帰りは十二湖コースいけるかなと思ったら来た道より長かったので

見なかったことに。

f:id:hoborosan:20161125140335j:plain

グロすぎる(;^ω^)

f:id:hoborosan:20161125140339j:plain

これ、なめこ

f:id:hoborosan:20161125140337j:plain

これ食べれるの?

 

 

と、まぁ帰りも存分に楽しみながら下山しました。

そしてついに15時ちょうど登山口に到着!!

f:id:hoborosan:20161125140550j:plain

 

所要時間は5時間51分

帰りは暗くなったらアウトなんでかなり急ぎました。

こんな下山はもう嫌です。

 

まだ体力があったので日本海の夕焼けを堪能・・・

次の記事でね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東北旅行~青森・秋田~ その3

八甲田大岳登頂失敗後はそのまま十和田プリンスホテル

早朝は雪が降っていましたが、十和田湖の方は天使の階段がいくつもあり雪と相まってなかなか幻想的で良かったです。

晩飯はコース料理で美味しかったんですけど、記憶に残るような郷土料理とかではありませんでした。ただのフレンチ料理。朝食は嫌いなビュッフェ。取りに行くのめんどくさいねん。最初から用意しておいて欲しいの。サラダを3回お代わりしただけで終了。

ご飯に関してはとわだ湖遊月の方が断然良かったかな。

景色に関してはこちらが圧勝だけどw

ちなみにここも温泉は夜中はやっておらず、私は部屋のユニットバスで済ませました。

f:id:hoborosan:20161125112530j:plain

この日は特になにをする日とかは決めておらず、御朱印集めをしようと神社を巡ることにした。

まぁもともと行き当たりばったり旅行なので奥入瀬渓流と登山と宿以外はどこに行くとか明確に決めていなかったんですが。

 

フロントガラスに汚れがあって気になって拭いていたら意外と車が汚れていた

・・・こんだけ走ってりゃそりゃそうだよな。

f:id:hoborosan:20161125114540j:plain

ってことで車を拭き拭き

うん、イケメン!輝いてるよ!_(:3」∠)_

 

ってことでまたしばらく運転して櫛引八幡宮

f:id:hoborosan:20161125114850j:plain

御朱印帖もらおうとしたら一番かっこいい目当てのが売り切れでした。仕方ないのでお馬さんの買いましたヨ。。。

この後はそのままウミネコで有名な蕪嶋神社

残念ながら2015年11月に火災に見舞われて境内には上がれませんでした。

3年後に再建が完了するらしいです。

f:id:hoborosan:20161125115721j:plain

f:id:hoborosan:20161125115754j:plain

 

櫛引八幡宮の御朱印帖が気に入らなかったためここでも購入しました。

ウミネコがモチーフになってます。

 

お次は三八城神社!かなり由緒正しい神社らしい・・・

八戸城跡の真横にセブンイレブンがあるのでそこに車を止めて、軽く腹ごしらえ。

f:id:hoborosan:20161125120346j:plain

ここを入って行って突き当りの建物を右へいくと左手に

f:id:hoborosan:20161125120628j:plain

この時点で結構テンションあがりますw

紅葉がいい感じ!

f:id:hoborosan:20161125120655j:plain

f:id:hoborosan:20161125120818j:plain

こちらも災害で破損してる箇所がちらほら。

 

f:id:hoborosan:20161125120935j:plain

見てのとおり。鳥居はもっとたくさんあったらしいです、地面にその名残があります。

本殿右側に蘭などの植物を育てている小屋があり御朱印がほしい方はそこにブザーがあるので鳴らすと3分~5分程で

髪がぼさぼさでいかにも今まで寝てましたっていう神主さんが出てきましたw

こういう現れ方、かなり好きです!

御朱印代金はお気持ちなので500円払いました。

300~500円が相場です。寒い中わざわざ出てきてもらってますしね。

ちなみに待った時間は15分程でした。

本殿の中でせわしなく動く神主さんを見つけてほっこりしました。

f:id:hoborosan:20161125121920j:plain

f:id:hoborosan:20161125121924j:plain

 

ここを後にして、もう1つくらい神社をまわろうと思っていたのですがこの日のホテルの夕食までに着かない可能性があったのでやめました。

14時50分に出て18時30分くらいに到着。

場所はあきた白神温泉ホテル

ここのご飯もかなり美味しかったです、アワビの踊り焼きとかいぶりがっことか出てきました。

ここには2泊します。

温泉は夜中も入れますし、入れない時間は殆どありません。

従業員さんも親しみやすい方が多かったです。

 

翌日は白神岳に登ります!

 

 

 

 

 

 

 

八甲田大岳

前日にろくさん食堂からとわだ湖遊月へ向かう途中に通った綺麗でくねくねした道が奥入瀬渓流だということにこの日八甲田山に向かう途中で気づいた愚か者が居たそうです。

はて?誰のことでしょうかね・・・

 

奥入瀬渓流

f:id:hoborosan:20161124212302j:plain

これが十和田湖

f:id:hoborosan:20161124212410j:plain

 

今回は八甲田・十和田ゴールドライン(国道103号)を通らないルートで

酸ヶ湯公共駐車場へ。

 

道中ガスってて登れるか不安を感じながらも到着!

ここが酸ヶ湯公共駐車場

f:id:hoborosan:20161124212802j:plain

路面凍結でタイヤがスリップしまくり。駐車の為にチェーンを付けるのはめんどくさいのでゴリ押ししました。

奥に登山しそうなおじ様が一人!これはいけるっ!と思って自分も靴を履き替えて準備。ちなみにですが車を止めて写真を撮った場所は登山口から一番離れた場所です。

 

登山開始です!

f:id:hoborosan:20161124213317j:plain

終始、みぞれ状のびちゃびちゃした雪の上を歩かされました。

かなり深いとこが数え切れないほどに、ほんとに数えきれないほどあって靴に浸水したんじゃないかと何度もひやひやしました。

f:id:hoborosan:20161124213637j:plain

 

しばらく歩くと少し開けた場所にでます。

f:id:hoborosan:20161124213816j:plain

これも登山道ですが雪が溶けて川のように水が下って行っています。

f:id:hoborosan:20161124214001j:plain

くるぶしが普通に埋まっていく程でした。同じような時期・天候で登る方はお気を付けください。

しばらく登っていると満足に読めない標識が。。。

f:id:hoborosan:20161124214323j:plain

f:id:hoborosan:20161124214425j:plain

f:id:hoborosan:20161124214451j:plain

 

 ここを通り過ぎると一番楽しそうな場所、そう!ガレ場です。

f:id:hoborosan:20161124214901j:plain

 

 

f:id:hoborosan:20161124215040j:plain

 

f:id:hoborosan:20161124215217j:plain

 

 奥の分厚い板を渡ります!ここら辺はとても硫黄臭い場所です。左からはいくつもの小石がコロコロと元気よく転がってきます。比較的大きい石もあるので注意して進みました。

f:id:hoborosan:20161124215315j:plain

板の場所はこんな感じになっておりまする。

f:id:hoborosan:20161124215629j:plain

 

 これを渡りきると

f:id:hoborosan:20161124215804j:plain

 暴風で飛ばされそうな程でしたが、先に行ったおじ様やお兄さんが下りて来ないのでこれくらいはまだ大丈夫と解釈して登り続けました。

雨が弾丸のように吹き付けて痛かったです・・・

f:id:hoborosan:20161124220313j:plain

 ここから先寒そう!まぁ実際はモンベルでしっかり準備してきたので全く寒さを感じなかったですが。

まだまだ続くよ、ガレ場

ここらでおじ様が下りてくる。引き上げ時か?

f:id:hoborosan:20161124220611j:plain

 ここを通り過ぎるとまた板が敷かれているので渡っていきます。

 しばらく歩いていくと、飛び石出現。

f:id:hoborosan:20161124220935j:plain

 (ちなみにですがこの先は帰りは川のようになっており、足を下ろすと浸水待ったなしだったので足を肩幅以上に開いて道の端を蹴り飛びました。) 

 

ここを行くと開けて綺麗であろう場所にでます

f:id:hoborosan:20161124221519j:plain

 

右に行くと仙人岱ヒュッテという避難小屋があります。古い小屋らしく地元の人達が修繕材料等を持ち寄って大切に使用していることを知りました。

f:id:hoborosan:20161124221525j:plain

 悲しすぎるね、人間ってなんなんだろうね。

ここら辺は湿原だったけど登山者に踏み荒らされ消失だって。

f:id:hoborosan:20161124221839j:plain

 

 

f:id:hoborosan:20161124221920j:plain

 f:id:hoborosan:20161124222030j:plain

 

f:id:hoborosan:20161124222132j:plain

 私を抜いていったお兄さんが戻ってきたので話しかけてどうなってるか聞いたところ、森林限界より上で立っていられない程だったから引き返したという。

そこまで自分も行ってみて大丈夫か聞いたところ、「いけると思いますよー」って返って来たのでどれくらいがあかん風なのか体験しにまだまだ上る。

ひと際目立つ木

f:id:hoborosan:20161124222546j:plain

 

 この辺から突き抜ける感じの突風が連続的に襲ってきて登ることに

限界を感じ始めました。

 f:id:hoborosan:20161124222703j:plain

 ここで諦めて帰ることにしました。ログ上は森林限界となっていましたが、森林限界はもう少し先です。山頂までは確か100mありません。

 

「また来るね」

 

って、言い残してここを後にしました。帰りは来た道が川になってなくなっていたりと大変でした。そしてガレ場で一瞬だけ出た陽の光で撮ったのがこれ。

f:id:hoborosan:20161124223221j:plain

 奥の方に見える建物が酸ヶ湯温泉かな?

この後土砂降りになり、下のレインウェアを購入していなかった私はザックから伝ってきた雨でお尻が濡れて辛い登山となりました。

 

登山口手前で一度も見かけなかった方に出会いました。ヒュッテ方面に行きは足跡がなかったのに、帰りはついていたので気になっていたのですが謎が解けました。

ちなみにこの方が避難小屋を修繕したりと大切に使っている人です。

 

次来たときは避難小屋もみようと思ったのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東北旅行~青森・秋田~ その2

7時頃にホテルを出て、車で酸ヶ湯公共駐車場という場所を検索・・・

えぇ、事前に検索していなかったのとナビで検索かけても出てこないわで30分近く持ってかれましたw

 

八甲田・十和田ゴールドライン(国道103号)を通って酸ヶ湯公共駐車場を目指しました。

 

途中まで首尾よく行ってたんですが萱野高原を過ぎてしばらく行った上り坂で路面凍結で車が進まなくなり30分くらいどうするか悩みました。

JAFは入ってないし、東京海上はやたらと見積もり額高いしで散々でしたね。

JAFはその場で入って来てくれるみたいなこと言っていたんですが、レッカー車出すのに1万7千円。それに100m毎に+700円だったか。

 

さっさと呼んでしまっても良かったのですが路面凍結してから全然進んでないので一旦外にでて状況把握して何とかならないかと(;´・ω・)

反対車線のある車のすぐ右後ろは凍結していなかったので荷台からロングマット2枚出して後輪に挟み込んではずらして→前輪に挟んでずらしてと無事方向転換完了!!

-1℃の中での作業くっそ寒かったです。

 

来た道を戻り、この時点でもう9時手前だったので登山は諦め、その日は別の行動をすることに・・・やることもないので十和田市オートバックスに向かってチェーンを購入しましたがここでも問題が。VWの車でタイヤが太く、タイヤと車体の隙間が狭いのでチェーンがタイヤハウスに干渉だとかで傷つくかもしれない、と。

スタッドレスタイヤにするかどうかで悩んで1時間。

 

ブリヂストンのタイヤでも16万程度らしいのでつけても良かったのですがたかだか1週間の為にここまでするバカも居ないよなぁと思ってチェーン買いました!(^▽^)

 

 

傷ついたらその時はその時さ!

 

ってことで、昼飯を食べにそのままろくさん食堂

お店の中で携帯を出したり、写真を撮るのは個人的に抵抗があるので飯の写真はありません!

 

食べたのは4色丼です、2100円だったかな?安いね。アワビ初めて食べたかも、多分。

 

お腹がいっぱいになったところで宿泊する遊月へ。

www.towadako-yugetsu.com

 

この旅館での夜食はとても美味しかったです

・桃豚

・ヒメマスの刺身

・ヒメマスの串焼き

お薦めの旅館ですね。

f:id:hoborosan:20161124210827j:plain

 

お風呂の方はというと、私は他人の存在があるだけで気分がぶち壊しなので室内のに入りました。お風呂好きなんですけどね・・・

ちなみに夜中はお風呂開いてないので入れません。

 

そして遂に八甲田登山へ

 

 

東北旅行~青森・秋田~ その1

車の免許を取得する前からずっと行きたいと思っていた奥入瀬渓流

 

重い腰を上げて5年越しですがようやく叶いました

今回の旅行は1週間とそれなりに長いものでしたがとても楽しく思い出に残るものでした。

いくつかの記事に分けて書いていくので良かったら見ていってくださいな(^o^)/

 

 

最近の若い子なので国道何号線とか環状何号だとか全く知らないので曖昧ですが・・・

朝の7時半に家をでて、二俣川にある本村ICから保土ヶ谷バイパスにのり東名高速へ。

そこから東京で常磐自動車道に乗り、南相馬鹿島SAで20分休憩して青森ICへ。

途中で常磐自動車道から東北自動車道へ乗り換えた、と思う。

道に詳しくないのでよく分かりませんが青森ICを降りたのが16時頃!

 

登山用にニット帽を買い忘れていたので

www.montbell.jp

に寄ってそこから青森駅近くのアパホテルへ。

 

 

四駆の軽自動車がやたらと目につきました。あと雪が積もらないよう信号機が縦になってましたヨ!

 

晩飯は近くにあった鮨処「あすか(明日香)」でしたがとても美味しく、安かったです!

 

 かなり疲れていたので18時半に爆睡して翌日の八甲田登山に備えましたが・・・

 

その2へ・・・

自己紹介

自分のペースで生きたいので

25歳でアーリーリタイアを決めてのほほんと暮らしています。

 

旅行や日々の出来事を書けたらいいなと思ってます。

 

趣味と言えるほどの物がないです、多趣味ですがどれも中途半端なので(;´д`)

 

 

旅行先では建物等に興味があまりなく、必然的に自然に興味が向いたので登山を始めました。最近PCの前に居すぎてお腹が出てきたこともあります( ´∀` )

 

登山始めたことにより今まで興味はあったものの購入を見送っていたカメラも趣味になりそう。